お客様から寄せられたSuperStream-NX(スーパーストリームエヌエックス)の統合会計(管理会計)についての質問と答えについてご紹介いたします。

SuperStreamよくある質問とこたえ

SuperStream-NXの統合会計(管理会計)について寄せられた、よくある質問と答えについてご紹介します。

  • プロダクト共通
  • 統合会計(管理会計)
  • 統合会計(支払管理)
  • 統合会計(債権管理)
  • 固定資産管理
  • 経営分析

1.ユーザーごとに使用・参照できる部門に制限をかけることは可能ですか?
2.セキュリティ機能としてどのようなものがありますか?
3.Microsoft Excelなどへのデータ出力は可能ですか?
4.プロジェクト会計については会計期をまたがった管理は可能ですか?
5.勘定科目コードの桁数は何桁ですか?
6.勘定科目の集計科目の変更は可能ですか?
7.各種マスタの外部取込み、外部への取出しは可能ですか?
8.子会社、関連会社にも同時に導入することはできますか?
9.外貨に対応していますか?
10.会計システムと他システムとの連携ができていないのですが、 データの受け渡しを自動化することは可能ですか?
11.管理会計機能はありますか?
12.現在残高の把握は可能ですか?
13.承認は多段階で行えますか?
14.伝票の明細行は最大何行ですか?
15.先日付の伝票は登録可能ですか?
16.承認した伝票について修正は可能ですか?
また伝票確定後の取消、変更はできますか?

17.振替伝票に用意されている分析用コードは何種類ありますか?
また桁数は何桁ですか?

18.定型、定期的な取引の自動仕訳の設定は可能ですか?
19.洗替の仕訳は自動でできますか?
20.四半期決算に対応していますか?
21.消費税率の変更への対応は可能ですか?
22.月次締後の戻しは可能ですか?
23.仕訳明細が月に30万から50万件ありますが、対応可能ですか?
24.組織階層に制限はありますか?
25.過去年度との比較資料の作成は可能ですか?
26.日次帳簿には、どのようなものが用意されていますか?
27.月次帳簿には、どのようなものが用意されていますか?
28.管理帳簿には、どのようなものが用意されていますか?
29.決算帳簿には、どのようなものが用意されていますか?
30.預金残高とシステム残高の照合を行うことは可能ですか?
31.配賦伝票についてはB/S、P/Lへの反映、未反映の指定が可能ですか?

ページトップへ

1.ユーザーごとに使用・参照できる部門に制限をかけることは可能ですか?

【回答】
ログインユーザーごとに入力可能な部門や参照可能な部門の制限が可能です。

2.セキュリティ機能としてどのようなものがありますか?

【回答】
ユーザーに対して次のような権限を付与することができます。
(1)メニュー
(2)部門(入力または帳票出力)
(3)科目(入力または帳票出力)
(4)取引先(入力または帳票出力)
(5)代理入力権限

権限がないユーザーの場合、データ入力/照会時にエラーとなり、処理が行えなくなります。
また、本支店会計を使用している場合、処理が可能な本支店を制限することも可能です。
それ以外に、パスワードの最小桁数や誤入力許容回数なども設定可能です。

3.Microsoft Excelなどへのデータ出力は可能ですか?

【回答】
マスタについてはCSVにて出力可能です。また、帳票についてはCSVもしくはPDFを選択できます。

4.プロジェクト会計については会計期をまたがった管理は可能ですか?

【回答】
可能です。複数の会計期間をまたがった損益管理および予実管理が可能です。

5.勘定科目コードの桁数は何桁ですか?

【回答】
勘定科目は英数字3桁から10桁の範囲で自由に設定することができます。補助科目についても、英数字1桁から10桁で自由に設定可能です。

ページトップへ

6.勘定科目の集計科目の変更は可能ですか?

【回答】
システムで自動設定される集計科目の他に、ユーザーにて任意集計科目を作成可能です。

7.各種マスタの外部取込み、外部への取出しは可能ですか?

【回答】
CSVファイルにより各種マスタの入出力が可能です。

8.子会社、関連会社にも同時に導入することはできますか?

【回答】
関係会社ライセンスを購入いただくことで対応可能です。

9.外貨に対応していますか?

【回答】
対応しています。外貨機能の概要は以下のようになります。
(1)外貨金額から指定したレートにより邦貨額へ換算
(2)評価替え機能により為替差損益を一括計上
(3)外貨情報は邦貨同様に「仕訳単位」と「残高単位」の双方で保持
(4)複数の通貨種類、レート種類を管理可能

10.会計システムと他システムとの連携ができていないのですが、 データの受け渡しを自動化することは可能ですか?

【回答】
オプションツールconnectの導入により、実現可能です。
サーバー側でスケジューラ機能による自動処理を実行することで、手作業なしで異なるシステム間のマスタやデータの連携をシームレスに行うことができます。

ページトップへ

11.管理会計機能はありますか?

【回答】
管理会計組織による組織の組替、機能(分析)コード別のP/L、プロジェクト会計、予算管理、配賦機能等があります。

12.現在残高の把握は可能ですか?

【回答】
標準機能で対応可能です。「総勘定元帳」「科目別機能別残高表」帳票などで明細や残高確認(科目・補助科目・部門・機能コード1から4)が行える帳票が出力できます。
また、照会機能もありますので、画面表示にて残高確認も実施することが可能です。また、一部の照会画面につきましては、残高から明細へのドリルダウンも可能となっております。

13.承認は多段階で行えますか?

【回答】
部門内承認ルートと主管承認ルートの2ルートがあり、それぞれのルートで最大99段階まで承認設定を行うことが可能です。

14.伝票の明細行は最大何行ですか?

【回答】
999明細行までです。外部システムから取り込む場合は99,999明細まで可能です。

15.先日付の伝票は登録可能ですか?

【回答】
可能です。翌会計年度分まで登録可能です。

ページトップへ

16.承認した伝票について修正は可能ですか?また伝票確定後の取消、変更はできますか?

【回答】
確定前の伝票であれば、承認取消を行い伝票修正が可能です。また、確定後でも取消、修正が可能です。その際には、変更に関するログが取得されます。

17.振替伝票に用意されている分析用コードは何種類ありますか?また桁数は何桁ですか?

【回答】
5種類提供され、10桁までで任意に設定できます。

18.定型、定期的な取引の自動仕訳の設定は可能ですか?

【回答】
可能です。内容は以下のようになります。
(1)仕訳パターン設定
定型な仕訳は登録済みの仕訳パターンに対し必要箇所を適宜修正して、登録を行うことができます。

(2)定期的な仕訳計上
定期的な仕訳は登録済みの定例仕訳を選択し、伝票日付のみ適宜指定し、登録を行うことができます。

19.洗替の仕訳は自動でできますか?

【回答】
洗替対象伝票は登録時に、洗替フラグを立てます。
洗替処理は「自動洗替」を実行することにより、翌月の月初に洗替伝票(逆仕訳)が作成されます。

20.四半期決算に対応していますか?

【回答】
月次決算区分を代用することにより、対応可能です。

ページトップへ

21.消費税率の変更への対応は可能ですか?

【回答】
「税処理マスタ」画面にて、税コードの登録を行う際、税率、有効期間の設定が可能ですので、消費税率切り替え前から事前に設定し、当日に税率を切り替えた形で入力することが可能です。

22.月次締後の戻しは可能ですか?

【回答】
月次締の戻しは同一年度内であれば随時行うことができます。

23.仕訳明細が月に30万から50万件ありますが、対応可能ですか?

【回答】
対応可能です。
*SaaS対応版を除く

24.組織階層に制限はありますか?

【回答】
最大100階層まで定義可能です。

ページトップへ

25.過去年度との比較資料の作成は可能ですか?

【回答】
標準帳票にて前年対比が可能です。また、過去データは容量の許す限り保持可能です。

26.日次帳簿には、どのようなものが用意されていますか?

【回答】
仕訳日記帳、日計表、現預金出納帳、科目別日別残高表等があります。

27.月次帳簿には、どのようなものが用意されていますか?

【回答】
総勘定元帳、補助元帳、相手先元帳、合計残高試算表、貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書、科目別相手先別残高表、科目別社員別残高表、科目別消費税集計表、科目別消費税明細票、仕訳伝票履歴管理リスト、科目別機能別残高表、貸借対照表月次推移表、損益計算書月次推移表、製造原価報告書月次推移表、外貨残高表などがあります。

28.管理帳簿には、どのようなものが用意されていますか?

【回答】
複数予算対比帳票(貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書、機能別損益計算書)、実績対比帳票(貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書)、部門別損益計算書などがあります。

29.決算帳簿には、どのようなものが用意されていますか?

【回答】
貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書、キャッシュ・フロー計算書などがあります。また、株主資本等変動計算書にも対応しております。

ページトップへ

30.預金残高とシステム残高の照合を行うことは可能ですか?

【回答】
標準機能で対応可能です。現金・預金出納帳、銀行別預金別月別残高表、銀行別預金別日別残高表を参照することにより、預金残高の確認が可能です。

31.配賦伝票についてはB/S、P/Lへの反映、未反映の指定が可能ですか?

【回答】
配賦機能により作成されたデータはすべて仕訳伝票として処理されますが、B/SやP/L等の帳票出力時に配賦伝票を反映させるか否かの選択が可能です。

資料請求・お問い合わせ

フリーダイヤル0120-346-401 受付時間 9:00~17:00 ※土・日・祝日は除く

  • FAQ よくあるお問い合わせ
  • SuperStream認定技術者が導入支援を行います。
ページトップへ