第2回IFRS(国際会計基準)導入セミナーを9月15日(木)開催致します。

ニュース一覧

第2回IFRS(国際会計基準)導入セミナー開催のお知らせ

スケジュール延期を踏まえて、今備えておくべきこと

IFRS(国際会計基準)強制適用を延期するかのような突然の報道に、多くの企業のIFRSプロジェクトが影響を受けたのではないでしょうか?

日立システムズでは、財務・会計・経理部門、またIFRSに関わる情報システム部門の方々を対象に、「IFRS適用の延期を受けて、今何をしておくべきか」「他の企業のIFRS導入の検討状況が気になる」「システム導入前の準備事項が整理できていない」などの課題をお持ちのお客様をご支援するセミナーを開催します。

IFRS対応への道標となり、スムーズなコンバージェンス実現に向け、お役に立つ情報をご提供させていただくとともに、IFRSを熟知した講師が詳しく解説します。皆様のご参加をお待ちしております。

IFRS導入の動向やスケジュール、ITへの影響をご紹介

当日は、監査法人講師(公認会計士)をお招きし、監査法人ならではの視点でIFRSの実態や導入スケジュールの考え方、IFRS導入後の影響と今後の情報システムについてご紹介します。さらに、業務プロセスの診断などができるIFRSソリューションも紹介いたします。

セミナー開催概要
日時 2011年9月15日(木曜日)14時~16時45分(受付開始13時30分)
会場 日立ハーモニアス・コンピテンス・センターー
詳細 プログラム
13時30分~14時【受付】

14時~15時
第一部
【IFRSを学ぶ!進むべき方向性と重要ポイント】
(1)IFRSの概要
IFRS導入の背景/原則主義とB・S重視
IFRSの本質とは
(2)IFRSの動向
日本におけるIFRS導入の検討状況
IFRSの基準改訂動向
(3)IFRSで対応すべき事項
IFRS導入スケジュールの考え方
ムービングターゲット
開示(IR)/経営計画/予算管理(KPI)/ガバナンス
(4)重要論点の紹介
早期に対応着手すべきもの
収益認識
有形固定資産
海外連結子会社

監査法人A&Aパートナーズ
公認会計士
寺田聡司氏

15時~15時15分【休憩】

15時15分~16時05分
第二部
【利用者視点で見るIFRS導入とそのITへの影響】
経済活動は否応なくグローバル化しており、直接・間接に企業活動に大きな影響を与えています。また東日本大震災によりIT利用におけるリスク管理が現実的な重要課題として私たちに突き付けられました。このような環境激変の中、IFRS対応は「グローバル」、「事業継続」を考慮したIT利用を始める第一歩と考えられます。講演では、情報システムのIFRS対応をどのように進めていくべきか、そして「IT利用」に主眼を置いた今後の情報システムについてお話しします。

株式会社流通戦略総合研究所
代表取締役社長
岡積正夫氏

16時05分~16時35分
第三部
【IFRS導入をスタートする方法】

日立システムズ
産業第一システム本部
第二設計部部長
菅生肇

16時35分~16時45分
【質疑応答】
定員 40名
参加費 無料
主催 株式会社日立システムズ
協力 監査法人A&Aパートナーズ、株式会社流通戦略総合研究所

資料請求・お問い合わせ

フリーダイヤル0120-346-401 受付時間 9:00~17:00 ※土・日・祝日は除く

  • FAQ よくあるお問い合わせ
  • SuperStream認定技術者が導入支援を行います。
ページトップへ